マンション管理士 寺澤が、絶対に成功するマンション選びのコツをお教えします!

コンサルティングの勧め

あなたに本当に合ったマンションとはどんなものなのでしょうか?長く住める、じょうぶで価値に見合ったマンションを見極めるには、どこを見たらよいのでしょうか?
最初の、ほんの少しの出費で、何千万もするマンション購入が成功か失敗か分かれるとしたら、どうしますか?

マンション管理士・寺澤のコンサルティングは、購入するみなさんの立場に立った、誠実で的確なアドバイスをモットーとしています。マンション購入で悩んでいる方、ぜひ一度ご相談下さい。
あなたと一緒に ピッタリのマンションを探しましょう!

【寺澤がコンサルティングした具体例】

JR駅徒歩3分80㎡の3LDKS部屋を検討中のAさん(ご夫婦、子供なし)

共働きのため、駅に近く広い部屋という条件を満たしていたが、リビングがL字型であった。
間取りなども考慮し「家族での生活」を優先させるべきであるとアドバイス。
住みにくく家具の配置に苦慮するL字型リビングの部屋から、駅徒歩7分の75㎡と、少し狭くなるがリビングはほぼ正方形方の部屋のある別のマンションを一緒に選び変更した。現在、家族共々快適な生活。

85㎡の4LDK部屋を検討中のBさん(ご夫婦・中学生・小学生)

広いという条件を満たしていたが、廊下が縦長で中央にあり各部屋の出入口は1個所のみ。
生活に必要な広さと、機能性を考えたほうが良いとアドバイス。
機能性を考え別のマンションの80㎡の部屋を一緒に選び変更した。出入口がほぼ2箇所あり、台所・洗面所・居間・サービスルーム・3部屋が繋がり、廊下を除いた実質使用面積はこちらの方が広い。奥様は大喜びで、家族で快適な生活を楽しんでいる。

JR駅徒歩5分70㎡の3LDK部屋を検討中のCさん(ご夫婦・中学生)

業界最大手のマンション、天井高が低く圧迫感あり。また、南側はコインパーキングと空家が1軒のみで眺望を遮るものがないのがよかった。
ここの会社のマンションは一番天井が低く圧迫感があることと、南側の駐車場と空家は今後眺望にリスクの可能性があるとアドバイス。
今後の長い生活を考え70㎡3LDK駅徒歩8分で天井の高い(40cm差)別のマンションの部屋を一緒に選び変更した。2年後、その駐車場に同規模マンションが建設(現在も係争中)されていた。Cさん夫婦アドバイスを依頼したことに大満足され、現在も快適な生活を送っている。。

【購入者自身で決め失敗した具体例】

マンション販売業者から手付金200万円だけで大丈夫ですよと言われ、契約したRさん

後から諸費用(法定税金、各種手数料、保険料、一時金など)でさらに200万円必要になりトラブル。
Rさん夫婦悩んだが、手付金の放棄をしたくないので借入。当初考えていたよりも出費がかさみ、厳しい生活を続けることに。

コンサルを依頼されていれば、初めからトータルでいくらかかるのか、把握することができました。業者は、あとになってから諸費用の話をしてくることが多いのです。

モデルルーム(標準のBタイプ65㎡)の見学では、使いやすい部屋と思い購入したXさん

実際の購入部屋は(Fタイプ75㎡)昔からあるタイプで廊下が中央に長くあり、生活と機能性に不便で住みにくい。(Fタイプの平面図を見てはいたが10㎡広いので即購入)

コンサルを依頼されていれば、間取り図をみて使いにくいというアドバイスをして差し上げることが可能でした。

最上階にマンション居住者全員使用可能なプール、展望風呂、パーティルームなどがありリッチな気分になり、奥様の一声で即購入したYさん

入居6ヶ月くらいは使用していたが、その後は全く使用していない。また、水道代・設備維持費が嵩み、また修理・補修・改修が頻繁に発生し入居し全員で協議し使用停止に。

このような必要でない設備を維持するためにかかる費用を見落としてはいけません。使える設備が多いということは、それだけ部屋以外の費用もかかるということです。

駅に近く広い中古マンション、物件を見たあとに値引きの話が不動産業者からあり、お得だと思いすぐに契約購入したZさん

入居後、ベランダ側の隣地に墓地があり、また、風向きで製菓工場の臭いが度々。(本来、不動産業者の重要事項の説明義務)

コンサルを依頼されていれば、同行して物件を一緒に確かめさせていただき、このような状況は避けることができました。

このように、数千万円以上のマンション購入を考えたときから、全てが始まっています。マンション管理士 寺澤が、最初から一緒に検討し、一緒に現場を見に行き、一緒に選び、一緒にライフスタイルを決めるお手伝いをいたします。実際に住み始めた後に「快適」「団欒」「笑い」があり、「居心地が好い」「選んで好かった」と言っていただける、快適なマンション選びを実現しましょう!


コンサルティング料金について