マンション管理士 寺澤が、絶対に成功するマンション選びのコツをお教えします!

用語 1-5

1. マンション
マンションとは、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」第2条第1項において、
(イ)2以上の区分所有者が存する建物で人の居住のように供する専有部分のあるもの並びにその敷地及び附属施設。
(ロ)1団地内の土地又は附属施設が当該団地内にある(イ)に掲げる建物を含む数等の建物の所有者の共有に属する場合における当該土地及び附属施設。
と既定されています。

2. 区分所有者
区分所有者とは、「建物の区分所有等に関する法律」第1条及び第2条において、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。
  この法律において区分所有権とは、前条に規定する建物の部分(第四条第二項の規定により共用部分とされたものを除く。)を目的とする所有権をいう。
この法律において「区分所有者」とは、区分所有権を有する者をいう。
と規定している。

3. 占有者
占有者とは、区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者。すなわち、専有部分の賃借人等のことである。

4. 包括承継人
包括承継人とは、他人の権利義務を一括して承継することを包括承継(一般承継ともいいます。)といい、承継する者を包括承継人といいます。相続により被相続人の権利義務を承継する相続人がその例です。

5. 特定承継人
特定承継人とは、他人の権利義務を個別的に取得することを特定承継といい、承継する者を特定承継人といいます。売買、交換、贈与などによる普通の権利の承継は、みな特定承継で、売買契約の譲受人(買主)などが特定承継人の典型例です。
 また、抵当権の実行により競売物件を競落して所有権を取得した競落人(買受人)も、特定承継人に該当します。